さかのぼること、約160年前。
時は江戸の時代、初代となる「多吉」が、菊池一族がおさめる熊本県菊池地域から、熊本県 熊本市城南町へ移る。
そして安政の頃、以降、150有余年に渡ってご支持をいただく「ちくわ」を造り始める。
  • 合資会社竹士蒲鉾商店へ
  • 職人たちの気質と技術に対し、熊本の名産である辛子蓮根の製造への要望が高まる。
  • 熊本市辛子蓮根組合へ加入
(※組合では安心で安全な商品をお客様へお届けできるよう、敢えて販売時に至るまでの規定を設けて商品を厳しく管理しております。尚、加盟店以外の「熊本名産」使用は認められておりません。)
  • 城南町隅庄(一の町)から城南町下宮地へ移転。
  • 平成12年 第53回 全国蒲鉾品評会にて「いきなり天」東京都知事賞受賞
  • 平成16年 第57回 全国蒲鉾品評会にて「いきなり天」水産庁長官賞受賞
職人が一本ずつ手作業で握っている「大不動」など、伝統を受け継ぎながらも新感覚の食品を 日々研究・生み出している。